/

世界の温暖化ガス濃度、最高を更新 10年

世界気象機関

世界気象機関(WMO)は21日、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)やメタンなどの2010年の世界平均濃度が過去最高を更新したと発表した。

WMOの調査報告書によると、CO2濃度は389.0PPM(PPMは100万分の1)で前年より2.3PPM増加。メタンは1808PPB(PPBは10億分の1)で同5PPB、一酸化二窒素は323.2PPBで同0.8PPB、それぞれ増加し、いずれも09年の増加量と、最近10年間の平均増加量を上回った。

産業革命前との比較では、現在の大気中濃度はCO2が39%、メタンが158%、一酸化二窒素は20%高くなっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン