/

景品表示法改正案を14年通常国会に提出へ 官房長官

菅義偉官房長官は21日の記者会見で、食材の虚偽表示への監視体制を強めるため、景品表示法改正案を来年の通常国会に提出する考えを示した。違反業者に再発防止などを命じる措置命令を消費者庁だけでなく都道府県も出せるようにすることが柱。自民党が悪質な虚偽表示には政府が刑事告発も考えるべきだと提言したことには「重く受け止めておきたい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン