サメ死骸放置、男性名乗り出る 「写真撮るため公園に」

2012/2/21付
保存
共有
印刷
その他

東京都渋谷区の代々木公園で体長約1.5メートルのサメの死骸が放置されていた問題で、港区の会社員の男性(25)が「写真を撮るためサメを公園に持って行った」と名乗り出たことが21日、警視庁代々木署への取材で分かった。男性はサメの死骸を引き取り、処分したという。

同署によると、男性は15日、渋谷区道玄坂の回転ずし店が店の前に展示していたサメの死骸を「写真を撮りたい」と言って譲り受けた。友人宅に保管した後、18日夜から19日未明にかけ、友人と代々木公園でサメの写真を撮影。サメをブルーシートで覆って公園内に置いたまま帰宅した。

男性は「19日中に取りに行くつもりだったが、その前に騒ぎになってしまった」と弁明しているという。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]