/

この記事は会員限定です

司法試験、「予備試験組」が高い合格率 68%通過

金銭負担少なく、学生に魅力

[有料会員限定]

法科大学院を修了していない「予備試験組」の第1陣が今年、司法試験に初挑戦し、合格率68%という高い結果を出した。予備試験は本来、経済的事情などで法科大学院に通えない人のための例外的制度だが、法曹界への「最短ルート」として現役大学生らが注目。「合格できれば優秀と評価され、就職にも有利」と難関突破を目指す動きが広がっている。

「法科大学院に通う金銭的・時間的負担を考えると、何としても大学在学中に合格し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り795文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン