/

雲取山で記録媒体を発見 遠隔操作事件

パソコン遠隔操作事件で、「真犯人」を名乗る人物が報道機関宛てのメールで事件に関係するデータを埋めたと示唆していた東京近郊の雲取山の山頂付近で、記録媒体が見つかっていたことが21日、捜査関係者への取材でわかった。

警視庁などの合同捜査本部は、IT関連会社社員、片山祐輔容疑者(31)=威力業務妨害容疑で再逮捕=が埋めたとみて、解析を進める。

1月1日に報道機関などに届いたメールは、遠隔操作ウイルスの設計図にあたる「ソースコード」などが入った記録媒体を、雲取山の山頂付近に埋めたと示唆していた。

捜査関係者によると、1月の捜索で記録媒体は見つからなかったが、今月中旬、山頂付近を実況見分した際に袋に入ったUSBメモリーが見つかった。1月には凍結して掘れなかった部分の土に埋まっていたという。

USBメモリーには、1月3日に江の島(神奈川県藤沢市)で猫の首輪に付けられたSDカードと同様のファイルが含まれていた。

片山容疑者はこれまでの逮捕容疑を全面的に否認。弁護人によると、昨年11月下旬ごろに雲取山に登ったことは認めているが、記録媒体を埋めたことは否定している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン