/

ひき逃げ事件で逆送の少年、殺人罪で起訴 長野地検

長野市で昨年11月、17歳の少女2人がひき逃げされ死傷した事件で、長野地検は21日、死亡した少女への殺人罪と、自動車運転過失傷害、道交法違反(酒気帯び、ひき逃げ)の罪で、同市の無職少年(19)を起訴した。地検は「少女をはねた後も、死ぬかもしれないと分かっていながら引きずった」と判断した。裁判員裁判の対象になる。

長野家裁は今月13日、衝突直後の少年の言動などから引きずりを認識していたとは認められないとして、殺人罪を適用せず自動車運転過失致死傷と道交法違反容疑で検察官送致(逆送)した。

小池充夫次席検事は「少女を車の底部に巻き込んだと十分認識していた」と反論。殺人罪適用について「捜査の内容や証拠に関わるのでコメントできない」としている。

起訴状によると、昨年11月5日午前0時35分ごろ、長野市三輪5の市道を軽乗用車で酒気帯び運転し、歩行中の同市富竹の無職、徳竹優菜さんと友人のアルバイト店員の少女をはねて2人に重傷を負わせ、徳竹さんを約700メートル引きずって殺害したとしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン