2019年2月18日(月)

岩手・大槌町長選8月28日に実施 首長不在、さらに2カ月

2011/6/21付
保存
共有
印刷
その他

東日本大震災で町長が死亡した岩手県大槌町の選挙管理委員会は21日、延期していた町長選を8月28日に町議選とあわせて実施すると発表した。東梅政昭前副町長(66)の任期も20日で切れたため、町長、副町長不在が約2カ月間続くことになる。告示は8月23日。

同町は6月21日から平野公三総務課長(55)が職務代理者となった。

町外に避難した約5千人の所在が分からず、選挙人名簿作成が難航していた。各自治体から提供された避難者名簿や、合同慰霊祭とお別れの会の参列者計約6千人の記帳から町外避難者を把握できる見通しが立ち、実施可能と判断した。

選挙人名簿の備考欄に避難所や仮設住宅など実際に住んでいる場所を加える。8カ所の投票所が避難所として使われているが、7月中に仮設住宅が完成し投票所として利用できる。仮設住宅から投票所までシャトルバスを出すことも検討する。

震災で延期された地方選挙では、岩手県普代村長選がこの日、同村議選とともに告示された。同県内で被災した自治体の首長選は震災後初めて。いずれも6月26日に投票、即日開票される。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報