/

乳児の複雑な心臓病手術成功 静岡の病院「世界初」

静岡県立こども病院(静岡市葵区)は21日、3つの症状を伴う複雑な先天性心臓病を抱えた生後8カ月の男児の根治手術に成功したと発表した。同病院は「世界でも成功例の報告はない」と説明している。

男児は東京都中野区、会社員、有川拓さん(39)と由紀子さん(35)の次男、護ちゃん。由紀子さんは「手術後に抱いた時は涙が出そうになった。(同じ病気を持つ親に)治療できたことを知ってもらい、諦めないで希望を持ってほしい」と笑顔を見せた。

昨年5月4日、由紀子さんは37週で破水し、滞在先の静岡県内からドクターヘリで搬送された同病院で護ちゃんが生まれた。胎児期の診断で心臓病があると分かっていた。

生後の診断で、心臓の内部を仕切る壁に穴が開き、弁に問題がある「完全型房室中隔欠損症」、閉じた肺動脈の代わりに大動脈から枝分かれした4本の側副動脈で肺血流を維持する「肺動脈閉鎖症・主要体肺側副動脈」、大動脈が左右逆の心室につながる「大血管転位症」の3つの複雑な症状を抱えていることが判明した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン