出産一時金詐取未遂の疑い 川崎の元看護師逮捕

2012/8/21付
保存
共有
印刷
その他

神奈川県警青葉署は21日、死産したとうその申告をし、給付金をだまし取ろうとしたとして、川崎市麻生区虹ケ丘1、元看護師、藤井みち容疑者(32)を詐欺未遂と偽造有印私文書行使の疑いで、逮捕した。同署によると「申請もしていないし区役所にも行っていない」と容疑を否認している。

逮捕容疑は昨年1月、虚偽の内容を記入した死産証明書を横浜市の青葉区役所に提出し、出産育児一時金約40万円をだまし取ろうとした疑い。

同署によると、藤井容疑者が妊娠した事実はなかった。死産証明書は藤井容疑者が当時勤務していた病院のもので、区役所の職員からの問い合わせで発覚した。病院の書類や印鑑を勝手に持ち出し、偽造したとみて調べている。

横浜市では、妊娠後12週間以上経過してから死産した場合、出産育児一時金を受け取ることができる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]