/

iPhone5、盗難相次ぐ 大阪では百数十台

(更新)

21日未明から早朝にかけ、関西各地の携帯電話販売店で同日発売の新型スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)「iPhone(アイフォーン)5」の盗難事件が相次いだ。大阪府警によると、府内の被害は少なくとも191台。神戸市では30台が盗まれた。

同日午前3時ごろ、大阪府茨木市鮎川のauショップ茨木鮎川店で「男3人が中に入った」と110番があった。茨木署によると、33台のiPhone5(240万円相当)と売上金37万円が盗まれた。男らはシャッターをこじ開けて店内に侵入。鍵のかかったロッカーを開けて在庫品を盗んだとみられる。

同日午前4時半ごろには大阪市西区九条のソフトバンク九条店で116台(750万円相当)が盗まれた。西署によると金属製ロッカーの中にあった商品が狙われた。防犯カメラに黒い服を着た男ら3人が店内を物色する様子が映っていた。

府警によると同日未明、堺市内のauショップでも42台(300万円相当)が盗まれたほか、高槻市や大阪市住之江区の店舗で店内が荒らされていた。

兵庫県警によると、神戸市内の販売店で30台が盗まれる被害があった。KDDIによると、京都府や滋賀県の店舗でも同様の被害があったといい、同社が確認を急いでいる。

KDDIやソフトバンクモバイルによると、携帯電話で通信機能を利用するには、ほとんどの機種で契約者情報を記録した「SIMカード」が必要。iPhone5のカードは従来機種のタイプと異なり、同商品専用のカードがなければ利用できない。

本体がカードごと盗まれても、携帯電話会社側がカードや端末の情報を識別して利用できないようにするため、国内では携帯電話会社の回線を利用した通信機能は使えないという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン