/

裁判員裁判、「量刑不当」理由で検察側が初控訴

東京都港区で2007年2月、暴力団住吉会の杉浦良一幹部(当時43)を射殺したとして殺人罪などに問われ、裁判員裁判で懲役30年とされた暴力団山口組国粋会系の組員、岩佐茂雄被告(50)について、東京地検は21日までに、判決を不服として控訴した。

裁判員裁判で検察側が控訴するのは3件目だが、「量刑不当」のみを理由に控訴するのは初めて。検察側は無期懲役を求刑していた。弁護側も既に控訴している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン