2019年7月24日(水)

夫婦の子供、初めて2人割る 理想数も最低
出生動向基本調査

2011/10/21付
保存
共有
印刷
その他

夫婦が生涯に持つ子供の平均数(完結出生児数)は1.96人で、初めて2人を下回ったことが21日、国立社会保障・人口問題研究所が昨年実施した出生動向基本調査で分かった。子供がいないか1人だけの夫婦も初めて2割を超えた。理想とする子供の数は2.42人で過去最低を更新、少子化が着実に進んでいる実態が改めて浮き彫りになった。

調査は原則5年ごとに実施し14回目。昨年6月に妻の年齢が50歳未満の夫婦9050組に調査票を配り、有効回答のうち初婚同士の6705組を集計した。

1990年代前半に結婚し、子供をほぼ産み終える結婚期間が15~19年の夫婦の子供は平均1.96人で、2005年の前回調査の2.09人から0.13人減少した。初回の40年は4.27人で、72年~02年までは2.2人前後で推移していた。

未婚を含めた女性1人が生涯に産むとされる子供の人数(合計特殊出生率)は10年は1.39人と2年ぶりに回復したが一時的なものとみられ、将来的な少子化の流れは歯止めがかかっていない。

実際に予定する子供の人数も2.07人で過去最低。理想数(2.42人)との差は0.35人で、理想数の減少が大きかったため、差は前回調査(0.37人)より微減した。予定数が理想数を下回る理由(複数回答)は「子育てや教育にお金がかかりすぎる」が60.4%と前回に続き最多だった。特に30代未満では8割を超えたが、30代では「これ以上、育児の心理的、肉体的負担に耐えられない」が2割を占めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。