羊水検査、10年で倍増 出生前診断に関心高まる

2013/6/22付
保存
共有
印刷
その他

ダウン症など胎児の染色体異常の有無を調べる羊水検査の実施件数が、2012年は前年より約4千件増の約2万件で、10年前と比べ倍増したことが22日、国立成育医療研究センター(東京)の左合治彦副院長らの調査で分かった。妊婦から採血し、胎児の染色体異常の確率を算出する母体血清マーカー検査も2万2千件超で、データがある1998年以降最多となった。

高齢妊娠・出産の増加で出生前診断への関心が高まったことが背…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]