/

本村さん「うれしいという感情ない」 光市母子殺害事件

「喜びとかうれしいという感情はない」。山口県光市母子殺害事件で妻と長女を奪われた本村洋さん(35)は20日の判決後、東京・霞が関の司法クラブで記者会見した。「死刑判決が出て満足している」と話す一方、硬い表情で「(被告には)胸を張って死刑という刑罰を受け止めてほしい」と語った。

黒いスーツに黒いネクタイを締め、会見場の席についた本村さん。過ぎ去った約13年の月日に思いをはせるように、冒頭しばし目をつむった後、淡々とした口調で質問に答え始めた。

本村さんは「死刑を科すことについて悩み続けた13年間だった」と振り返り、「裁判官もとても悩んだと思うが、日本の社会正義が示されて良かったと思う」と感想を述べた。被告に対しては「自分の罪を認め、反省した状態で刑を全うしてほしい」と力を込めた。

判決を前に落ち着かず、前夜も眠れなかったといい、判決を「区切りではないが、重大なけじめ」と表現。「明日、妻と娘の墓前でしっかり報告したい」と話すと、目に涙を浮かべた。

事件以来、全国の犯罪被害者や遺族らとともに権利保護を訴え続け、刑事裁判での被害者参加制度などの実現につながった。「守れなかった家族への、私の数少ない罪滅ぼしの一つ」としつつ、「無残に人の人生が絶たれるような犯罪がなくなることを願う」と述べた。

本村さんは会見に先立ち、最高裁で判決を傍聴。出入り口前で支援者らと言葉を交わす際には笑顔も見せたが、法廷内では傍聴席の最前列で口を真一文字に結び、前を見据えたまま。金築誠志裁判長が判決理由の朗読から始め、最後に主文として「本件上告を棄却する」と述べると、布に包んだ遺影を抱きかかえたまま立ち上がり、深々と頭を下げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン