/

無資格で家系図、逆転無罪 最高裁「証明書類でない」

家系図が、作成に行政書士の資格が必要な「事実証明に関する書類」に当たるかが争われた刑事裁判の上告審判決で、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は20日、「観賞や記念品とする目的で使われる場合は、事実証明書類には当たらない」との判断を示した。

その上で、行政書士法違反罪に問われた医療品販売業、花香雄介被告(28)を懲役8月、執行猶予2年とした一、二審判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。無罪が確定する。

家系図作成ビジネスを手がける行政書士は多く、無資格でも違法にならない場合があるとした判決は影響が広そうだ。

行政書士法は、依頼・報酬を受けて事実関係証明書類を作ることは行政書士の固有業務と規定。同小法廷は、問題の家系図が桐(きり)の箱に入った和紙製の巻物であることなどから「体裁良く残したいという依頼者の希望に沿っており観賞や記念が目的。対外的に意味のある証明文書として利用する具体的な予定はなく、事実証明書類ではない」と認定した。

宮川裁判長は補足意見で「郷土史家らも家系図を作っており、行政書士でないと国民生活が混乱するというのは大仰すぎる」と述べた。

判決によると、花香さんは2006~07年、家系図6通を作り、計約90万円を受け取ったとして、北海道警に逮捕された後、起訴された。判決後に記者会見した花香さんは「家系図作成は同業者も多く、逮捕には驚いた。冤罪(えんざい)が晴れて安堵している」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン