皇太子ご夫妻、宮城県を訪問

2013/8/20付
保存
共有
印刷
その他

皇太子ご夫妻は20日、東日本大震災の被災地、宮城県を日帰りで訪問された。同県七ケ浜町の仮設住宅で皇太子さまは避難者一人ひとりに「不便なことはないですか」などと言葉を掛けられた。雅子さまも笑顔を交えて「体を大事になされてください」と気遣われていた。

ご夫妻の被災地訪問は2011年8月の岩手県以来、2年ぶり。

お二人は、津波被害から再建を果たした仙台市宮城野区の農家でつくる生産組合のみそ加工場も訪問。復興状況の説明を受けた後、約3キロのみそを贈られ、雅子さまは「うわー、楽しみ」と話されたという。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]