/

「イレッサ」副作用、慶大など仕組み解明

慶応義塾大学の水島徹教授らと熊本大学、日本医科大学の研究グループは20日、間質性肺炎による死亡例が相次いだ肺がん治療薬「イレッサ」で、副作用が起きる仕組みの一端を解明したと発表した。マウスの実験で細胞内の特殊なたんぱく質が減り肺炎が起きることを突き止めた。胃炎・潰瘍の治療薬「セルベックス」を併用すれば、イレッサの副作用を抑えられる可能性があるという。

研究論文が米科学誌プロスワンに掲載された。

水島教授らはイレッサがヒトの細胞に与える影響を詳細に分析。細胞内の「HSP70」というたんぱく質が減ることを発見した。このたんぱく質は肺が硬くなって呼吸機能が低下する間質性肺炎を防ぐ機能がある。マウスで実験したところ、HSP70が減り、間質性肺炎を起こした。

HSP70を増やすことで知られているセルベックスをイレッサとともにマウスに投与したところ、HSP70の量が回復し間質性肺炎の発症を抑えられた。

イレッサの副作用を巡っては患者や遺族が製薬会社などに損害賠償を求め提訴。一審・東京地裁は患者の一部遺族について国と輸入販売会社アストラゼネカ(大阪市)に賠償を命じた。患者側と国、ア社のいずれも判決を不服として控訴している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン