2019年1月23日(水)

光市母子殺害、元少年の死刑確定へ 最高裁が上告棄却

2012/2/20付
保存
共有
印刷
その他

山口県光市の母子殺害事件で殺人や強姦致死などの罪に問われ、差し戻し控訴審で死刑判決を受けた犯行時18歳の元少年(30)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は20日、「刑事責任はあまりに重大で、死刑を是認せざるを得ない」として被告側上告を棄却した。事件から約13年を経て、差し戻し審を含め5回目となる判決で死刑が確定する。

死刑が確定するのは大月(旧姓福田)孝行被告。少年事件で死刑が確定するのは、最高裁が最初の上告審判決で死刑の選択基準を示した連続4人射殺事件の永山則夫元死刑囚(1997年執

山口県光市母子殺害事件の上告審判決で、最高裁に入る本村洋さん(20日午後)=共同

山口県光市母子殺害事件の上告審判決で、最高裁に入る本村洋さん(20日午後)=共同

行)の刑確定(90年)以降6人目。犯行時18歳30日での死刑確定は最も年少。

差し戻し前の一、二審の無期懲役判決を最高裁が破棄した上、最終的に死刑を選択したことで、重大な少年犯罪には厳罰で臨む裁判所の姿勢が改めて鮮明になった。

同小法廷は判決理由で「落ち度のない被害者らの尊厳を踏みにじり、冷酷、残虐で非人間的所業。遺族の被害感情は峻烈(しゅんれつ)を極めている」と指摘。平穏な生活を送っていた母子が白昼惨殺された事件として「社会に与えた衝撃も軽視できない」と述べた。

差し戻し前の上告審は、死刑を回避すべき特段の事情があるかを判断するよう求めたが、この日の判決は「差し戻し審では故意や殺害態様で不合理な弁解を述べ、真摯な反省はうかがえない」と指摘。「犯行時少年であったことなどを考慮しても死刑を是認せざるを得ない」と結論付けた。

裁判官4人中3人の多数意見。宮川光治裁判官(弁護士出身)は「精神的成熟度が相当低い可能性があり、審理を尽くす必要がある」として、差し戻しを求める反対意見を付けた。死刑判決に反対意見が付くのは極めて異例で、無人列車が暴走した「三鷹事件」の大法廷判決(55年)以来とみられる。

お断り 日本経済新聞社は少年法を尊重し、被告の元少年をこれまで匿名で報じてきましたが、最高裁判決で死刑が確定するため実名に切り替えます。犯行時少年だった被告に死刑判決が下された重大性に加え、被告の更生の機会がなくなることを考慮しました。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報