/

長崎の受験生、問題持ち出し予備校関係者に渡す

センター試験

大学入試センターは20日、活水女子大(長崎市)で19日に実施した地理歴史・公民の試験時間中、受験した女子(19)が問題冊子を会場外に持ち出し、予備校関係者に渡していたと発表した。大学の通報を受けた長崎県警が冊子を回収した。他の受験生への漏洩は確認されていない。センターと大学は監督業務を怠った責任を認めて謝罪するとともに、不正行為として受験生を失格にした。

センター試験の問題冊子の持ち出しが明らかになり、謝罪する活水女子大の野々村昇学長(中央)ら(20日、長崎市)=共同

センター試験で、禁じられている試験時間中の問題持ち出しが発覚したのは初めて。20日夜に記者会見したセンターの片山純一理事は「退室時に試験監督が冊子を持っていないか確認していれば防げた。周知徹底が不十分だった」と謝罪した。

センターによると、19日午前9時半の試験開始から約30分後、受験生が退室を申し出た。冊子は隠さずに持っていたが、教室内に6人いた試験監督らは気付かず、体調不良と思い込んで退室を認めた。教室に戻ってくるまで付き添う係員も「もう大丈夫」と言われ、1人にした。いずれも監督マニュアルで決められた確認を怠っていた。

受験生は数分後、校門付近で待っていた予備校の関係者に冊子を手渡し、学内に戻った。監督者が机上に冊子がないことに気付き、約15分後に学内で本人を見つけて問いただしたところ、予備校関係者に頼まれて渡したことを認めた。

大学は業務妨害の疑いがあるとして県警に通報。予備校関係者は県警の聴取などに「模範解答を早く作るためで、不正してまで持ち出すようには頼んでいない。冊子は職場に置いていた」と話し、不正流出や金銭の授受は否定している。予備校は同日夜、冊子を県警に届けた。

受験生はこの予備校に通っていた。活水女子大などの聞き取りに対し、問題を持ち出した理由は説明していない。既に大学には合格しており「センター試験は試しに受けた。大変迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン