/

お盆のJR利用5%増 東北新幹線は1日当たり最高

JR旅客6社は20日、お盆期間(8月9~19日)の輸送実績を発表した。新幹線と在来線の主要47区間の利用者数は前年比5%増の1327万1千人となり、3年連続で前年実績を上回った。東日本大震災前の2010年と比べても7%増。東北新幹線などの利用が好調で、震災からの復興基調が鮮明になった。

JR東日本は前年比7%増の498万人。東北新幹線が9%増、秋田新幹線が10%増、山形新幹線が7%増など軒並み好調だった。東北新幹線は下りのピークだった8月11日の利用客が約16万6200人と1日当たりの過去最高を記録。同社は「新青森までの開通効果に加え、復興に伴う観光需要などが後押しした」と説明している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません