2018年1月21日(日)

原監督巡る報道、巨人が損害賠償請求へ
「週刊文春の記事で名誉毀損」

2012/6/20付
保存
共有
印刷
その他

 プロ野球巨人の原辰徳監督が元暴力団員に1億円を支払ったと21日発売の週刊文春が報じることが分かり、巨人は20日、東京都内で記者会見し、「名誉を毀損する記事」として、損害賠償を求める訴訟を起こす方針を明らかにした。

 同球団によると、原監督は2006年、選手だった1988年当時の女性問題について、別の球団の関係者を名乗る人物ら2人から1億円を要求され、巨人に相談せずに支払ったという。

 巨人は「記事は、2人のうち1人が以前に暴力団と関係していたとしているが、警察は反社会的勢力の認定をしていない。監督は被害者であり、違法、不当な資金供与はない」と主張している。

 週刊文春編集部は「記事には十分自信を持っている」とのコメントを出した。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

巨人原辰徳



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報