/

18歳以下の甲状腺検査、長崎で実施 福島と比較

環境省は20日、今月7日から18歳以下の子供を対象にした甲状腺検査を長崎県で始めたと発表した。東京電力福島第1原子力発電所の事故による被曝(ひばく)の影響の有無を調べるため、福島県は事故当時18歳以下の子供の甲状腺検査を実施している。他県の子供と比較するため、同省は長崎県のほか2地域でも今年度中に検査を行う。

長浜博行環境相は同日の閣議後の記者会見で「(福島県の)県民健康管理調査と同様の検査を行って必要な知見を入手する」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン