/

学校・市の危機感薄かった 大川小の事故検証委が指摘

東日本大震災の津波で宮城県石巻市立大川小の児童・教職員計84人が死亡、行方不明となった問題で、第三者の事故検証委員会は20日、これまでの議論に基づいて「事実情報に関する取りまとめ案」を公表した。震災当日、津波に対する市や学校側の危機感が薄かったことをうかがわせる証言を盛り込んだ。

市内で同日開かれた5回目の会合で提示。検証委はこれをたたき台に、当日の小学校の行動を初めて分析、議論した。

取りまとめ案は「教職員は校庭でラジオを聴きながら何かの相談を始めた」との証言に触れた上で、「学校を訪れた市職員は、避難所として体育館が使えるのかどうか聞いただけだった」「校庭では教職員から指示がなく、児童は危機感のない様子だったようだ」と指摘している。

検証委は、生存児童や教職員計7人を含む関係者延べ143人から聞き取り調査を実施。事実情報の検証は近く正式にまとめ、年内の最終報告の一部として盛り込む。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン