/

資生堂が38億円申告漏れ 移転価格巡り東京国税局指摘

資生堂が国内と米国子会社の取引を巡り東京国税局の税務調査を受け、移転価格税制に基づき2012年3月期までの5年間に約38億円の申告漏れを指摘されていたことが、20日分かった。過少申告加算税などを含めた追徴税額は約17億円で、既に納付した。同社は「見解に隔たりがある」と異議を申し立てる方針で、日本と米国の二重課税を避けるための相互協議も申請する。

同社によると、17日に更正処分通知を受けた。指摘があったのは、米国子会社から化粧品を輸入し、主にアジア向けに販売していた取引。輸入価格が通常より高く、国内で課税されるべき所得を海外子会社に移して、日本での納税額が過少になっていると判断されたもようだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン