/

台湾産ニンジンを国産と偽装容疑 野菜卸など書類送検

台湾産のニンジンを国産と偽って取引先に販売したとして、警視庁生活経済課は20日までに、野菜卸売会社「司商事」(東京)の外食納入事業部長(31)=東京都中野区=と法人としての同社を不正競争防止法違反容疑で書類送検した。

同課によると、同部長は今年4~5月、国産の半分程度の価格で仕入れた台湾産のニンジン約1220キロの原産地表示を北海道産などと改ざん。都内のレストランなどに販売した。韓国産キャベツについても国産と偽って販売したとみられる。

送検容疑は4月12~18日、港区内の食品業者に北海道産と偽装した台湾産ニンジン5本(約1570グラム)を463円で販売した疑い。

司商事は野菜卸売業のほか、都内でスーパーマーケット「つかさ」をチェーン展開している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン