2019年5月23日(木)

「大寒」の日本列島、暦どおりの厳しい冷え込み

2014/1/20付
保存
共有
印刷
その他

一年で最も寒いとされる二十四節気「大寒」の20日、北海道枝幸町で今季全国最低の氷点下31.3度を記録するなど、各地で暦どおり朝から厳しい冷え込みとなった。日中は南からの暖気が入り、西日本を中心に寒さは緩む見通しだ。

気象庁によると、西日本の太平洋側を中心に朝から晴れ間が広がり、放射冷却が強まった。名古屋市で氷点下2.1度、大阪市で同0.5度、高松市で同1.6度、大分市で同1.1度など今季最も冷え込んだ。

東京都心(大手町)は平年より低い0.7度だった。

21日にかけて日本海にある低気圧が本州付近を通過する影響で、天気は西から一時的に崩れるが、南からの暖気で20日の最高気温は平年並みか平年より高くなる見通し。今週末にかけても徐々に気温が上がり、週末は寒さが和らぎそうだ。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報