/

品川美容外科の脂肪吸引事故、医師に有罪判決

東京都豊島区の品川美容外科池袋院で2009年、脂肪吸引手術を受けた女性が死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた医師、堀内康啓被告(39)の判決公判が20日、東京地裁であり、鬼沢友直裁判長は禁錮1年6月、執行猶予3年(求刑禁錮2年6月)を言い渡した。

判決理由で鬼沢裁判長は、解剖医の証言などから「被告は十分な注意を払わず、漫然と危険な操作を繰り返した」と指摘。一方で「二度と脂肪吸引手術を行わないと誓い、遺族と示談が成立している」として刑の執行猶予が相当と結論づけた。

判決によると、堀内被告は09年12月2日、荒川区の無職、前田京さん(当時70)の腹部の脂肪吸引手術をする際、皮下脂肪に挿入した吸引管の先端の位置を十分確認しないまま操作して腹壁や腸を傷つけ、2日後に脱水症で死亡させた。

事件を巡っては、当時同外科顧問だった警視庁OBに捜査資料のコピーを手渡したとして、元同庁捜査1課警部(59)=上告中=が地方公務員法(守秘義務)違反罪で起訴され、一、二審で懲役10月の実刑判決を言い渡された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン