2019年1月21日(月)

尖閣上陸10人を聴取 軽犯罪法違反容疑で八重山署

2012/8/20付
保存
共有
印刷
その他

沖縄県警八重山署は20日、上陸が禁止されている同県・尖閣諸島の魚釣島に立ち入ったとする軽犯罪法違反容疑で、19日に上陸した地方議員ら10人から任意で事情を聴いた。

石垣島に戻った19日午後、記者会見する尖閣諸島の魚釣島に上陸した(右から)小坂英二東京都荒川区議、保守系団体の水島総幹事長、小嶋吉浩茨城県取手市議(沖縄県石垣市)=共同

石垣島に戻った19日午後、記者会見する尖閣諸島の魚釣島に上陸した(右から)小坂英二東京都荒川区議、保守系団体の水島総幹事長、小嶋吉浩茨城県取手市議(沖縄県石垣市)=共同

事情聴取は20日午前から午後0時半ごろまでに全員終了した。同署は上陸に至る経緯や動機、島での行動を中心に話を聴いたが、鈴木章浩東京都議によると、調書は作成しなかったという。和田有一朗兵庫県議は「軽犯罪法違反に問うこと自体がおかしい」と容疑を否認した。

鈴木都議は聴取後「軽率だったが、国を守っていく気持ちを示していかなければならないと思った。迷惑掛けた部分は申し訳ないと思う」と報道陣に述べた。

上陸したのは、両氏や小嶋吉浩茨城県取手市議、小坂英二東京都荒川区議、田中裕太郎東京都杉並区議の地方議員5人と、政治団体幹部ら。

10人は18日夜、国会議員らと一緒に石垣島を出港し、19日早朝に尖閣諸島周辺に到達。魚釣島近くで海に飛び込んで上陸し、約2時間同島に滞在して日の丸を掲げるなどした。魚釣島は民間の所有者から賃借している政府が、一般人の上陸を禁じている。

一行は、太平洋戦争末期に尖閣諸島周辺で米軍機の攻撃を受けて遭難した疎開船の犠牲者慰霊祭を魚釣島で実施したいとして上陸許可を申請したが認められず、洋上で慰霊祭を開くために尖閣諸島周辺に向かっていた。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報