/

五輪メダリスト、銀座で凱旋パレード 沿道に50万人

(更新)
ロンドン五輪日本代表選手団のパレードで、沿道の観客の声援に応えるメダリストら(20日午前、東京・銀座)

ロンドン五輪で史上最多38個のメダルを獲得した日本代表選手による凱旋パレード(主催・日本オリンピック委員会)が20日、東京・銀座であり、約50万人(主催者発表)が沿道を埋めた。

レスリング女子55キロ級で3連覇を果たした吉田沙保里選手(29)らメダリスト71人が参加。沿道の歓声に手を振って応えるとともに、2020年の東京五輪招致をアピールした。メダリストの公式パレードは初めて。

選手らはオープンカー2台、オープンバス5台に分乗し、銀座中央通りの約1キロを約20分かけてパレードした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン