/

自民・松本洋議員、徳田議員の団体から寄付

自民党の松本洋平衆院議員(40)=東京19区=の資金管理団体「洋々会」が昨年12月の衆院選前に、徳洲会グループによる公選法違反事件で親族が逮捕された徳田毅衆院議員(42)=鹿児島2区=の資金管理団体「徳田毅政経研究会」から計60万円の寄付を受けていたことが20日、東京都選挙管理委員会が公表した政治資金収支報告書で分かった。

寄付は2回で、昨年10月5日に10万円、衆院解散後の同11月19日に50万円。松本氏の事務所は寄付の経緯について「政治家同士の付き合いはあるだろうが、詳しいことは分からない」とし、返金するかどうかは「事件の推移を見守りながら考えたい」としている。

2人は2005年に初当選した同期。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン