/

東大学長「大きな方向として秋入学見据えていく」

東大の浜田純一学長は19日、記者会見し「4学期制導入だけで終わると思っていない。大きな方向として秋入学を見据えていく」と述べ、将来の実現を目指す考えを強調した。「社会環境が変わらなければ秋入学は厳しい。それまでにできることをやる」と説明した。

また国立大学協会は同日の総会で、新会長に京都大の松本紘学長を選出した。任期は2015年6月まで2年間。前会長の浜田氏は顧問に就く。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン