2019年1月19日(土)

上司からのSNS友達申請、新入社員の4割超「嫌」

2013/6/20 0:43
保存
共有
印刷
その他

フェイスブックなどの交流サイト(SNS)で上司から「友達申請」があったら「嫌だ」と感じる新入社員の割合が42.8%に上ることが19日、産業能率大(東京)の調査で分かった。産能大の担当者は「SNSは友人とのコミュニケーション用で、仕事の人間関係とは分けたいとの気持ちの表れ」と分析している。

上司からの友達申請を「うれしい」と感じる新入社員は20.4%、「なんとも思わない」は36.8%。女性の59.8%が「嫌だ」と答え、男性の35.4%を上回った。担当者は「女性の方が、書き込みへの反応を迫られることなどへの警戒感が強い」とみている。

また、最終的に目標とする役職を尋ねたところ、「社長」は調査を始めた1990年度以来、最低の11.9%だった。「部長クラス」は23.2%と過去最高を更新しており、担当者は「安定志向が強く、現実味のある目標を掲げる新入社員が多い」としている。

3月下旬~4月上旬にアンケート調査をして463人から回答を得た。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報