「ネット投票も解禁を」7割 全国の大学生対象にNPOが調査

2013/7/20 1:59
保存
共有
印刷
その他

若者の投票率向上を目指すNPO法人「ドットジェイピー」(東京)は19日、全国の大学生を対象としたネット選挙に関するアンケート調査の結果をまとめた。今後「ネット上での投票」も解禁してほしいとの回答が70.5%に達した。

6月28日~7月8日に実施し、1144人(うち成人は774人)が回答した。今回の参院選からネットを使った選挙運動が解禁されたのを「知っている」との回答は76.9%。従来より、投票に行く人が増えると思う人は68.4%に達した。

今後、解禁してほしいことを複数回答で尋ねたところ「ネット投票」がトップ。「自分の応援する候補者の近況を交流サイトで他の人に拡散する」などの意見もあった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]