福島の肉用牛に出荷制限 政府、移動も禁止
セシウム含む餌食べた牛、出荷判明相次ぎ

2011/7/19付
保存
共有
印刷
その他

高濃度の放射性セシウムを含む稲わらを餌として与えられた牛の肉が流通した問題を受け、政府は19日、福島県産の肉用牛の出荷を制限するよう同県に指示したと発表した。同県産で暫定規制値(1キログラム当たり500ベクレル)を超える牛肉が複数確認されたため。生後12カ月未満の子牛を除いて県外への移動も禁止した。同様の牛を出荷した山形、新潟両県については現時点では対象外とした。

政府の原子力災害対策本部から出荷停止が指示された肉牛(19日午後、福島県南相馬市)=共同

政府は出荷制限解除の条件も提示。福島県内の計画的避難区域や緊急時避難準備区域内の牛は、県が今後定める飼育基準を満たしたうえで全頭検査を実施する。検査で規制値を下回れば出荷を認める。両区域以外でも稲わらから高濃度セシウムが検出されたり、その稲わらを餌に使ったりした農家の牛も同様に対応する。

それ以外の牛は、飼育基準を満たした農家ごとに初回に出荷する牛肉を検査し、規制値以下なら数カ月間限定で出荷を認める方針。

福島県によると、17日時点で県内では農家314戸で肉用牛3万51頭を飼育。県は18日に全域での全頭検査を国に求めており、今後も求める。

18日には新潟県と山形県で放射性セシウムを含む稲わらを食べた計94頭の牛の肉が出荷されていたことが判明。ただ規制値を上回る放射性物質は検出されておらず、出荷制限の対象外とした。

放射性セシウムが検出された稲わらを食べた牛は、福島県では18日までに計554頭の出荷が判明。食肉処理されて流通した牛肉からは最大で暫定規制値の8倍を超える4350ベクレル超の放射性セシウムが検出されている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]