/

不動産会社、4億円脱税の疑い 東京地検が社長逮捕

不動産会社「ナイス・コーポレーション」(東京都町田市)と関連不動産会社が、所得約13億6千万円を隠し、法人税約4億円を免れたとして、東京地検特捜部は19日、法人税法違反(脱税)の疑いで、同社社長、船木和夫容疑者(58)を逮捕した。

逮捕容疑は、ナイス・コーポが2007年4月期からの3年間で約10億8千万円を、関連会社が06年と08年9月期の2年間で、約2億8千万円の法人所得を隠蔽。法人税合計約4億円を脱税した疑い。

船木社長が、2社の口座に入金された売上金などの大半を払い戻し、船木社長個人の資金と分けることなく現金で管理。現金にしている間の収支の帳簿を付けておらず、申告もしていなかったという。隠した所得の一部は、会社の運転資金にも充てられていたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン