/

茨城産ホウレンソウ、福島産原乳から基準超す放射能

官房長官会見、県は出荷停止要請

枝野幸男官房長官は19日午後の記者会見で、いずれも一部地域で採取された茨城県産のホウレンソウと福島県産の原乳から、厚生労働省が定めた暫定基準値を上回る放射能を検出したと発表した。検出された食品は食品衛生法に基づき出荷できない。枝野官房長官は「直ちに健康に影響する数値ではない」として冷静な対応を求めている。

枝野官房長官は「直ちに健康に影響を及ぼす数値ではない」と述べた (19日)

枝野官房長官は「直ちに健康に影響を及ぼす数値ではない」と述べた (19日)

暫定基準値は福島第1原子力発電所の事故を受け、厚労省が17日に初めて策定。正式には国の食品安全委員会に諮問して決めるが、想定外の事故のため暫定的に決めた。同法に基づき基準値を超えた食品の販売や加工などはできない。

茨城県は19日、県下の農協と全市町村に対し、ホウレンソウの出荷停止を要請。同時に主な小売業者に対し、既に出荷されたものを販売しないよう求めた。福島県によると、基準値を超えた原乳も出荷先の工場が被災し生産を止めており、市場に出回った可能性はないという。

厚労省によると、茨城県高萩市のホウレンソウからは放射性ヨウ素が1キログラム当たり1万5020ベクレルで、同省の基準値(同2000ベクレル)の7倍強。放射性セシウムも同524ベクレルを検出され、基準値(同500ベクレル)をわずかに上回った。日立市や東海村などのホウレンソウからも基準値の3~7倍程度となる放射性ヨウ素を検出した。

福島県川俣町で採取された原乳からは放射性ヨウ素が同932~1510ベクレルが検出され、基準値(同300ベクレル)の3~5倍だった。一部の原乳からは放射性セシウムも基準値(同200ベクレル)を下回るものの、同18.4ベクレルを検出した。

農林水産省の統計によると、全国のホウレンソウの収穫量は2009年で28万6300トン。茨城県産のシェアは1万6600トンで全国の5.8%。東京都中央卸売市場では年間入荷量の2割を占めている。同市場の10年の統計では、3月に入荷するホウレンソウの29%は茨城産だった。

農水省がまとめた牛乳など乳製品の原料となる生乳の全国生産量(10年)は772万382トン。福島県の生産量は10万1407トンで、全国の1%程度。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン