/

理研理事長、小保方氏の参加「解雇なら困難」 再現実験で

理化学研究所の野依良治理事長は19日、STAP細胞の論文で不正が認定された小保方晴子研究ユニットリーダーについて、理研の懲戒委員会で懲戒解雇になれば再現実験に参加はできないとの見解を示した。

一方で、野依理事長はSTAP細胞の再現実験に関して「小保方さんがやらないと決着がつかないのではないか」とも述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン