2019年6月25日(火)

「年金たまご」ねずみ講、元社長に実刑 東京地裁判決

2012/3/19付
保存
共有
印刷
その他

「年金たまご」などと称してねずみ講を運営したとして、無限連鎖講防止法違反罪に問われた健康食品販売会社元社長、田沢吉美被告(74)の判決が19日、東京地裁であった。藤井敏明裁判官は懲役2年6月、罰金300万円(求刑懲役3年、罰金300万円)を言い渡した。

藤井裁判官は判決理由で「会員の増加が行き詰まれば早晩破綻すると熟知していながら、規模の大きいねずみ講を運営した。刑事責任は重い」と指摘した。

判決によると、田沢被告は2006年10月から09年7月にかけて、会員約3万8千人から総額約71億円を集め、配当金を支払うなどしてねずみ講を運営した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報