/

将棋リコー杯女流王座戦、外国人が初白星 ポーランド人大学生

(更新)

将棋の第2期リコー杯女流王座戦(特別協力・日本経済新聞社)の1次予選が19日、東京都渋谷区のけんぽプラザで行われ、海外招待枠で出場したポーランド人大学生、カロリーナ・ステチェンスカさん(20)が1回戦で高群佐知子女流三段(41)を破った。

外国人女性が将棋の女流プロ棋戦で白星をあげるのは初めて。ステチェンスカさんは続く2回戦で千葉涼子女流四段(32)に敗れ、2次予選進出はならなかった。

ステチェンスカさんは日本の漫画をきっかけに将棋に興味を持ち、インターネットでの対局などで腕を磨いてきた。プロを目指しているといい、対局の後「(1局勝てて)とてもハッピーだったが、もっと勉強することが色々あると感じた」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン