/

神経・筋肉などに成長する新たな幹細胞、東北大教授ら発見

東北大学の出沢真理教授と京都大学の藤吉好則教授らは19日、人の皮膚や骨髄の中から、神経や筋肉、肝臓など人体の様々な組織に成長できる新しい「幹細胞」を発見したと発表した。様々な組織に成長する細胞としては胚(はい)性幹細胞(ES細胞)や新型万能細胞(iPS細胞)があるが、いずれも人工的に作ったもの。発見した細胞は天然の細胞なので安全性が高いとみられ、再生医療への応用が期待できるという。

研究は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の支援で実施。米科学アカデミー紀要に論文を発表する。

発見した細胞は「Muse(ミューズ)細胞」と命名。成人の皮膚や骨髄組織から「SSEA-3」というたんぱく質を持つ細胞を探し出して性質を調べた。培養すると神経や平滑筋、骨格筋、肝臓など様々な組織に成長させられた。マウスの傷ついた皮膚や肝臓などに移植すると患部にくっつき、その組織に特有の細胞に成長したという。

この細胞は塊として一定の大きさまで成長すると増殖しなくなるが、特別な培養を繰り返すことで増やし続けられた。ES細胞やiPS細胞のように遺伝子導入などの特別な操作が不要。腫瘍(しゅよう)を作りにくく安全性が高いと研究チームはみている。

ただ、研究は基礎的な実験に成功した段階。医療応用にはさらに検証が必要になりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン