/

中嶋嶺雄氏が死去 国際教養大学長

(更新)
共同

国際社会学者で国際教養大学長の中嶋嶺雄(なかじま・みねお)氏が14日午後10時26分、肺炎のため秋田市内の病院で死去した。76歳だった。連絡先は同大学企画課。大学葬は3月17日午後1時から秋田市雄和椿川の同大学多目的ホール。喪主は妻、洋子さん。

「現代中国論」や「北京烈烈」を著すなど、中国研究の第一人者。中央教育審議会の委員や第1次安倍内閣の教育再生会議の委員を務めた。東京外国語大学長や国際教養大学長を歴任するなど、経営者として大学改革にも取り組んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン