/

「餃子の王将」社長が襲われ死亡 本社前で銃撃か

19日午前7時ごろ、中華料理店「餃子の王将」を運営する王将フードサービスの本社(京都市山科区)前で「社長が倒れている。意識がなく呼吸をしていない」と男性社員から京都市消防局に119番通報があった。同消防局や京都府警によると、男性は同社の大東隆行社長(72)で腹部など3カ所から出血した状態で倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。

王将フードサービスの大東社長が射殺された本社前付近を調べる京都府警の捜査員(19日、京都市山科区)

府警によると、現場付近には複数の薬きょうのようなものが落ちており、大東社長は拳銃のようなもので撃たれたとみられる。府警は殺人事件として捜査している。

同社によると、大東社長は毎朝、山科区内の自宅から自分で車を運転して午前6時から6時半ごろに出社。19日も同じ時間帯に出社したとみられる。早朝に出社した同社の男性社員が午前7時ごろ、本社北側の駐車場で大東社長が倒れているのを発見した。

京都市消防局によると、大東社長は右胸1カ所と左脇腹2カ所から出血していたという。

大東社長は1941年大阪府生まれ。57年専門学校を中退し、自営業を経て69年に「王将」(現王将フードサービス)に入る。副社長を経て2000年社長に就任した。

現場は京阪本線・鳥羽街道駅の東約3キロの住宅街。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン