ハイパーレスキュー隊 特殊装備持つ精鋭

2011/3/19 15:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

19日未明、福島第1原発3号機への放水作業を実施した東京消防庁の緊急消防援助隊。その中心的な役割を担った精鋭部隊「ハイパーレスキュー隊」は、阪神大震災を契機に1996年12月に創設された災害救助のスペシャリスト集団だ。

多くの特殊救助機器を配備しており、大規模災害の現場では被災者の発見救出から、救助の障害となる建物の撤去、救助者搬送までを手掛ける。所属する約230人の隊員は高度な救助活動や特殊機…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]