/

太陽と似た恒星で「フレア」超す爆発現象 京大が確認

京都大学の野上大作助教らは、太陽表面で起きて通信障害などの原因になる巨大な爆発現象「フレア」のさらに約100倍も大規模な「スーパーフレア」が、太陽とそっくりな別の恒星で発生することを確認した。スーパーフレアが太陽でも起こり得るという仮説を支持する成果という。

成果は東京都三鷹市で19日始まった日本天文学会で発表する。

スーパーフレアは太陽と同じ分類グループの様々な恒星で見つかっていたが、同じグループでも特徴に違いがあり、どの程度太陽と似ているかはっきりしなかった。

今回、ハワイにある日本の「すばる望遠鏡」の観測で、スーパーフレアが見つかった2つの恒星は自転周期、温度、表面重力などが太陽とよく似ていることを突き止めた。

これまで太陽でスーパーフレアは起きないと考えられてきたが、起きるかもしれないという仮説もある。ただ、現在の太陽の状況ではすぐに起きることはないという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン