魚、4割で資源ピンチ マアジ・ホッケ…漁獲量が過剰

2014/2/19付
保存
共有
印刷
その他

水産庁は19日までに、日本周辺の主要な漁業対象種の4割超で資源量が少ない状態にあるなどと指摘した2013年度の資源評価の概要をまとめた。マアジやホッケ、トラフグ、スケソウダラの一部は既に資源量が低レベルである上に減少傾向。多くの場合、漁獲量が過剰で、漁獲量削減が必要と評価された。

水産庁は毎年、水産総合研究センターに委託し、日本周辺水域の重要魚種の資源量や動向を評価しており、13年度は魚種や分布…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]