/

「聖ペテロの遺骨」一般公開へ バチカンで初めて

ローマ法王庁(バチカン)は18日、バチカンのサンピエトロ広場で今月24日に開くミサの際に、キリストの12使徒の一人、聖ペテロのものとされる遺骨を納めたひつぎを初めて一般公開すると発表した。ひつぎは普段はサンピエトロ大聖堂の地下墓地に安置され、許可がなければ見学できない。

イタリアのメディアによると、1939年から約10年間行われた地下墓地の発掘調査で聖ペテロの墓とみられる場所が見つかった。50年代に、近くから金を織り込んだ赤紫の布に包まれた男性の骨が発見され、付近の壁にギリシャ語で「ペテロがこの中に」と書かれていた。

68年に法王パウロ6世が「聖ペテロの遺骨であることが納得のいく方法で確認された」と発表したが、学者らの間では真偽について議論が続いている。

24日のミサは、2012年10月に始まったカトリックの信仰年の締めくくりとなる行事。聖ペテロの「遺骨」公開は法王フランシスコが許可した。(ローマ=共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン