保健指導で脱メタボ 2~4割で腹囲や血糖値改善

2014/4/19付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は19日までに、生活習慣病予防のため2008年度に始めた特定健康診査(メタボ健診)でメタボリック症候群や予備軍と判定され保健指導を受けた人のうち、男性で約2~3割、女性で約3~4割が1年後に予備軍未満に数値が改善した、との調査結果をまとめた。

問診や面接を受け、運動の頻度や食事などを見直したためだとみられ、腹囲も平均で男性が約1~2センチ、女性が約2~3センチ細くなっていた。メタボ健診…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]