/

この記事は会員限定です

安愚楽牧場、破綻2カ月前に「前期並み利益」 業績偽る

[有料会員限定]

安愚楽牧場(栃木県那須塩原市)を巡る特定商品預託法違反事件で、同社が2011年8月に破綻する約2カ月前、繁殖牛のオーナーに送った事業報告書で「前期並みの利益を確保できる」などと業績を偽っていたことが19日、捜査関係者などへの取材で分かった。

警視庁捜査2課は、同社元社長、三ケ尻久美子容疑者(69)ら旧経営陣が経営悪化を認識したうえで、オーナーの資金引き揚げを防いだり、新規顧客を獲得したりするため...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り480文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン