/

ECCもベネッセ漏洩情報利用か 高校生2万7000件分

ベネッセコーポレーションの顧客情報漏洩事件で、英会話学校大手の「ECC」(大阪市)が、ベネッセから流出したとみられる高校生約2万7千件分のデータを名簿業者から購入し、ダイレクトメール(DM)の発送に利用していたことが18日、分かった。ECCが同日公表した。

ECCによると、データを購入する際、名簿業者側に取得方法を問い合わせ「個人情報保護法の施行前に住民基本台帳から入手した」と説明を受けたという。しかし、今月15日、名簿業者側から「ベネッセの顧客データが含まれている可能性がある」と連絡があった。

ECCは2~4月、大阪市の名簿業者から3回にわたり、大阪府、兵庫県、名古屋市の高校1、2年生の計約7万5千件分のデータを約60万円で購入。2~5月、データを利用し、高校生向け進学塾の入学案内のDMを約6万6千通発送した。購入したデータのうち約2万7千件分がベネッセの顧客データとみられるという。

ECCにデータを販売した名簿業者は「昨年11月に千葉県の業者から約800万件の個人情報を約400万円で購入し、一部をECCに売った。不正に流出したものとは知らなかった。今後は販売しない」としている。

ECCは「今後、ベネッセから流出したとみられるデータは使用せず、名簿業者から名簿を購入するのもやめる。捜査への協力依頼があれば協力する」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン