/

がん細胞が吸収する物質 愛知県がんセンターなど発見

特定のがん細胞に吸収されやすいペプチド(アミノ酸化合物)の存在を、愛知県がんセンター研究所や琉球大などの研究グループが突き止め、英オンライン科学誌ネイチャーコミュニケーションズに19日までに発表した。

抗がん剤など治療薬は副作用が心配されるが、今回見つかったペプチドと組み合わせれば、がん細胞に集中的に吸収され、副作用を抑えられる。微小ながんも色素と組み合わせたペプチドを与えれば、患部が発色し見つけやすくなるという。

同研究所腫瘍病理学部の近藤英作部長は「新発見のペプチドには医薬などを運び、がん細胞の中に届ける働きがある。次世代のがん治療に貢献する技術として期待される」と話した。

グループは、アミノ酸配列が異なる数千億~1兆種類のペプチドが含まれた溶液をつくり、さまざまながん細胞への吸収されやすさを調べた。

その結果、白血病は「CPP44」というペプチドが吸収されやすいことが分かった。抗がん作用のあるペプチドを組み合わせて白血病のマウスに投与すると、がん細胞への吸収が進み、生存期間が長くなり、がん細胞の増殖も抑えられた。目立った副作用も確認されなかった。

大腸がんや肺がん、乳がんなど約10種類で、吸収されやすいペプチドが分かったという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン